ブロワー 安永 AP-30Pを買ってみた

  • 2019年8月1日
  • 2019年8月1日
  • 設備
  • 130View
  • 0件

我が家ではこれまで小型のエアーポンプを4台でエアレーションを賄っていましたが、最近プレコマンションの作成や人工孵化用の隔離ケースへの酸素供給などで小型ポンプ4代では足りなくなり、ブロワーポンプというものを購入することにしました。

 


ネットで調べてみたらよさそうな物があったので早速ポチっと。

 


3日ほどで届きました。


これです。

 

画像切れてますが、後ろの水槽が60㎝規格のものなのでサイズ感はこんな感じです。わかりにくくてすみません(汗

 


本体と一緒に12分岐パイプがセットになっていました。

APシリーズの中で一番小さいものですが、吐出量が1分間に30ℓだそうで、これだけ聞いてもピンときません。

なので今まで使っていたものと比較してみます。

 


GEX e-AIR 6000WB

こちらは吐出量0.8~2リットル


歴然の差というやつです。e-AIR6000の15台分ですね。

 

なんとなくイメージできました。


ウチでは十分すぎるほどですが、これより小さくてよさそうな物がなかったので、これに決めました。

 


使用感はというと、


とにかく静かです。

e-AIRと一緒くらいか少し大きい程度。


レビューなんかで調べてはいましたが、ほんとに静かで満足してます。

 


設置後はこんな感じになりました。

 


吐出口がいっぱい余ってたのでマンションの濾過槽にもエアレすることにしました。

濾材にエアレすると濾過能力が上がるらしいので。

 


それでもまだまだ余ってます。

当分は困らないでしょう。

 


電気配線しかりアクアリウムはタコ足配線に悩まされます。

何とかすっきりさせたいな~

最新情報をチェックしよう!
>

ご意見、ご質問等お気軽にどうぞ!


参加中のぶろぐランキングです。

順位はこちらで確認できます。


PVアクセスランキング にほんブログ村