理想のキンペコを求めて

我が家でブリードした♂親((ver1×ver2)×ver1sp)×♀親L236ドイツ の中から結構な数のリアル個体が産まれました。

 

過去の記事で紹介しました。

 

そしてそのリアル同士から採れた子達は、ほぼ100%リアルが産まれてきたことも以前の記事で紹介しました。

 

リアルな表現の子が産まれてくるのは嬉しいのだが…

 

どうもL236が混ざると白地が薄いような、黄ばんでるような…

 

白地の綺麗なL333のそれとは別物であまり美しくないのです。。

今回採れたリアル同士の子です。

 

表現は申し分ないのだけれど、やっぱり白地が残念。

 

因みに生まれて間もない時は

こんな感じでした。

 

白と言うよりはクリーム色。

 

月日が経つにつれ、だんだん白っぽくなっていきます。

 

だけどL333のような真っ白にはなりません。(うちの場合は)

この画像は上の子達のお母さんだけど、最終的にはきっとこんな感じの色になるんだと思います。

 

もっと白く…もっと白く…と願いを込めて交配した血統が…

 

♂親(((ver1×ver2)×ver1sp)×((ver1×ver2)×ver3)))×♀親(((ver1×ver2)×ver1sp))×L236ドイツ)

 

L333の血の割合を増やしてみました。

 

すると産まれてきたのは

なんとL236リアルの表現にL333のピカピカの白地を持つ個体。

 

狙った通りの子が産まれてきました。

 

これぞブリードの醍醐味(^_^)v

 

とはいってもこんな個体の出現率は3~4割程度で、もっと白地を多くしたいし固定率も上げたい。

 

自分の目指していた綺麗な白地に黒スポット模様の、ダルメシアンのようなプレコにかなり近づいてきたと思います。

 

まだまだ改良の余地があるので、いろいろ試していずれダルメシアンを固定化できればと願います。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>

ご意見、ご質問等お気軽にどうぞ!


参加中のぶろぐランキングです。

順位はこちらで確認できます。


PVアクセスランキング にほんブログ村